Blog

2019/08/24 18:33

こんにちは、イマイです!


8月も後半、立秋も過ぎて少しは涼しくなるか・・・と思いきや、まだまだ暑さが続きますね。というより先日ようやく梅雨が明けたと思ったら、もう秋になるという・・・


私はまたしても少々体調を崩しており、これからの台風の季節を乗り切れるか、ちょっと心配です笑


秋は気圧の変化が大きく、体調を崩す方が多くなるかと思います。皆様、頑張って凌ぎましょう (ง •̀_•́)ง‼


さて、今回は涼しげな石にするつもりでした・・・いや、涼しげですが、9月も近くなってきたので、誕生石のサファイアから、ブルーサファイアのリングをご紹介しようと思います。が、ただのブルーサファイアではありません。「コーンフラワー」の名を冠する、ブルーサファイアのリングです!


先に出しておきますが、商品ページはこちら!
http://shop.jw-kawahara.com/?pid=145063530


コーンフラワーブルーサファイア 3.65ct ダイヤモンド 0.69ct K18WG(18金ホワイトゴールド) リング 



そもそもコーンフラワーブルーとは一体何かというと、その名の通り花の名前から来ている名称です。コーンフラワーとは、和名ヤグルマギクというキク科の花。数種の色がありますが、その中で濃いブルーの花の色が、サファイアの色に似ていることから、この色名があります。




【こちらのサイト様よりお借りしました。出典:https://singleseed.exblog.jp/23090203/】


このコーンフラワーブルーの名称は、元々はブルーサファイアの最高ランクとされる幻の「カシミール産」の中でも、特に美しいブルーを持つものに対しての呼び方でしたが、現在は鑑別機関でもこの名称を用いることがあるため、近い色であれば産地・加熱非加熱(カシミール産は基本的にすべて非加熱です)を問わずに、この色の名前が付けられる(鑑別書に記載される)ことがあります。今回ご紹介するサファイアもこのケースですね。


ちなみに以前、私は2回ほど、カシミール産のコーンフラワーブルーサファイアを目にしたことがありますが・・・それはそれは美しかったのは良いのですが、価格がまたとてつもなく・・・とてもじゃないけれど手が出るものではなかったです笑


なお、コーンフラワーブルーという色は、サファイア限定でなく、実際に定義されている色です。こんな感じの色ですね。はい、どちらかと言えば薄目のブルーですね。なぜバイオレットを帯びた濃色の方が使われなかったのやら・・・豆知識でした。


さて、そんなわけで、リングを見ていきましょう。サファイアのサイズは3.65ctと、私がご紹介してきたものの中ではかなり大きな部類です。というか多分、最大でしょうか。


勿論、存在感は大きく、目を引くことは間違いないでしょう。私は身体が無駄に縦長なだけあり、結構手が大きいほうですが、その私の人差し指の爪くらいのサイズがあります。(路傍の石のサイズと比べてはいけません。宝石ですので!)


形が先細りのペアシェイプなこともあり、オーバルシェイプより長めに見えることから、実際のサイズよりもうちょっと大きく(というか長く)見える、お得?なピースでもありますね。


色はもちろん、コーンフラワーブルー。サファイアは多色性があるので、完全に均一の色ではないものの、正対でも傾けても、柔らかく鮮やかなブルーを楽しむことができます。個人的には、特にちょっと前後に傾けた時の色が一番美しいと思いますね!




この色合いは、やはりサファイアの色である「ロイヤルブルー」と比べると、どこか柔らかで優しい印象です。コーンフラワーブルーとロイヤルブルー、好みは分かれそうですが、コーンフラワーブルーは、どことなく親しみやすく、安心感を得られる色だと思います!


透明度も高め。端の方にうすーくやや長めのインクルージョンがありますが、肉眼ではよーーーーーく見ないとわかりません。


他の部分は完全にクリアなうえ、濃色で、しかもキラキラと良く輝くため、内面についてはほぼ意識することはないかもしれません。実際に私が見ていても、色と輝き以外は気になりませんしね笑


そして、ここは言及しておきたいポイントなのですが、カットがかなり綺麗です。特にファセットの形が美しいと感じますね。サファイアは硬度が高いため、比較的綺麗にファセットが切られるのですが、今回のピースは特によく整ったファセットを持っております。


カットが悪いと、当然輝きに大きな影響が出るものですが、透明度とともに、このカットの美しさがこのキラキラな輝きの秘密と言えそうですね!


サイズ、色、透明度、そしてカット。あらゆる要素をハイレベルに備えた、4ツールプレイヤーなサファイアと言えそうなピースです!


では続いて、リングとして見ていきましょうか。リング本体もまたすごい存在感。中石がメレダイヤに二重に取り巻かれているおかげで、とにかく豪奢な印象。主を守る衛兵のごとく、ぴかぴかしながら中石の存在を盛り立てています。


・・・なんというか、このデザインは・・・そう、かなりのリッチ感があります。成金ではありません。リッチです。富豪です。


メレダイヤの輝きが眩いだけでなく、それが二重となることで、リングのヘッド部分のサイズが大きくなり、更に存在感が増しています。


メレダイヤがもうちょっと大粒だったら、一気に雰囲気が変わって、かなりギラギラになっていたでしょう。私も最初、サファイアのサイズに対しメレダイヤが小ぶりだな、と思ったのですが、絶妙なバランスがとられた結果、と言えそうですね~ ゚.+。(*-ω-)(-ω-*)。+.゚ゥンゥン



計算された美しさと、ぱっと見の華やかさの両方を兼ね備えたリングだと言えるでしょうね!


・・・さて、そんな美しく豪華なこちらのリング、例によって私の手元、御徒町店にございます。


御徒町店の場所はこちら~。
http://www.jw-kawahara.com/shop/okachimachi.html


で、再度貼っておきますが、商品ページはこちらからです。
http://shop.jw-kawahara.com/?pid=145063530


型番は「CHR00208」です。あなたの前に現れたのがジレを着たテンションの低いハリガネムシでしたら「コーンフラワー」の一言でわかりますが、それ以外の人物でしたら、型番をお伝えください。たちどころに出てくるでしょう。


ご来店、お待ちしてます!もちろん、ショップからご購入いただいても!3日間は返品可能です!


さて・・・それでは今回はこの辺で。もう少し回復してきたら、次を書きますので、ここしばらくよりはちょっとだけ間が開くかもしれません。


次回もどうぞお付き合いくださいませ~(^^)/~~~